大阪市 住吉区 歯科は香川あびこ歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 住吉区 香川あびこ歯科医院

虫歯の進行度と治療



こんにちは。
香川あびこ歯科医院です。


今回は虫歯の進行度と治療についてです。

虫歯には進行度合いによって、5つの段階で区分けされています。
また、その段階によって処置方法も変化します。


C0

エナメル質が透明感を失い、白く濁った状態です。
まだ痛みはありません。
念入りな歯磨きや定期的な歯科医院でのメンテナンスで現状維持をします。
稀に元の状態に戻ることがあります。


C1

エナメル質まで進行した虫歯。
比較的浅い位置なので、痛みがない場合がほとんどです。
虫歯の部分を削り取って、白い樹脂を詰めます。


C2

象牙質まで進行した虫歯。
水がしみたり、触れると痛みがある場合がほとんどです。
浅い位置なら、部分的な詰め物で対応できます。
神経に近い深い位置では、神経を取る処置をすることもあります。


C3

神経まで達した虫歯。
熱いもので痛みが出たり、激しい痛みが続きます。
神経を取る処置をして、歯冠を覆う被せものをする必要があります。


C4

虫歯により、歯冠が崩壊した状態。
放っておくと歯の周りの骨や、歯の根っこの先に感染を起こし、
隣り合う歯に悪影響を及ぼすので、抜歯します。
抜歯した部分は、ブリッジや入れ歯で補います。


一度削った歯や、取ってしまった神経は戻ることがありません。
早め早めの治療をおすすめします。