大阪市 住吉区 歯科は香川あびこ歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 住吉区 香川あびこ歯科医院

洗口液について



こんにちは。
香川あびこ歯科医院です。

寒暖差の影響で体調を崩しやすい時期になりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?


さて、今回は洗口液の使い方についてです。


CM等でもよく宣伝されている『洗口液』ですが、これは『歯磨きに+αとして使うもの』ということを知っておいてください。

いくら殺菌効果が強くとも、歯石の原因となるプラーク(歯垢)の除去が出来るとは考えにくいです。
プラークは付着したおよそ3時間後から徐々に石灰化が始まり、3日後には歯石になると言われています。
この歯石が歯の表面に余分な凹凸を作り、そこに雑菌が溜まって、歯周病や虫歯のリスクが高まります。

そのため、洗口液のうがいだけで済ませてしまうのはお勧めできません。

なので、使う手順としては、

①歯を綺麗に磨く
②水で口をゆすぐ
③洗口液を使う

という具合に使っていただくと良いでしょう。
また、用法・用量は必ず守るようにしてください。


良いものをより効果的に使うことが、歯周病や虫歯の予防に繋がります。