大阪市 住吉区 歯科は香川あびこ歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 住吉区 香川あびこ歯科医院

歯ぎしり、食いしばり



こんにちは。
香川あびこ歯科医院です。

少しずつ春を感じる気候になってまいりましたが、体調などは崩されてないでしょうか?



さて、今回は歯ぎしりと食いしばりが与える、歯や顎関節への影響についてです。


歯ぎしり食いしばりを続けるとどうなるか。

歯を強くすり合わせると、歯の咬合面がすり減ります。
食いしばりが強いと歯の先や根元が欠けたり、亀裂が入り、それにより象牙質が露出して歯がしみるようになることがあります。
また、歯だけではなく、顎関節にも多大な負荷がかかるので、顎関節症のリスクにもなりえます。


予防方法については、日中は歯と歯が噛み合わないように意識すること。
また、睡眠中については、シリコン製のマウスピースを付け、常に噛み合わないようにします。
このマウスピースは保険が適用されるので、気軽にお使いいただけます。


歯ぎしり食いしばりでお悩みの方は、一度検診にお越しください。