大阪市 住吉区 歯科は香川あびこ歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 住吉区 香川あびこ歯科医院

親知らずが出てきたら



こんにちは。
香川あびこ歯科医院です。



さて、今回は親知らずの処置についてです。


まず初めに

親知らずとは
1番前から数えて8番目の歯のことで、第三臼歯とも呼ばれています。
20歳を目途に萌出し、その際歯肉に痛みや違和感を感じることがあります。
人によっては元々なかったり、歯そのものはあっても萌出してこない場合や、頭だけ出してそこで止まることもあります。

では親知らずが出てきたらどうすればよいか

親知らずが頭を出したら
歯ブラシが届きにくい場所なので、念入りに磨くようにしましょう。
特に上の親知らずは頬の骨が邪魔をするので、奥だからと言って大きく口を開けるのは逆効果です。
口は閉じ気味にして、ブラシを奥まで届かせるイメージで磨いてください。

しかし、生え方によってはどれだけケアをしても歯ブラシが届かず、抜歯を進めるケースも多々あります。

痛みが出たら
悪化する前に受診しましょう。
軽度の炎症なら、簡単な歯肉清掃と抗生剤の服用で炎症が引いていきます。
ただ、親知らずがある限りは再発しやすいので、抜歯してしまうのも良いでしょう。
抜歯を希望される場合、炎症が強い状態では麻酔が効き難いので、炎症が治まるまで時期をまたなければなりませんので注意してください。


その他、疑問などありましたら、いつでもご相談ください。